サビ止め塗料について

2020年4月22日更新

先程の続きです

外壁や屋根には、たくさんの鉄部が存在します。

どこに使われているかごせつめいします。

1.外壁周辺の鉄部

外壁に使われる鉄部には、外壁材本体に使われているものと、外壁まわりのエクステリア部材に使われているものがあります。

●金属系の外壁材や屋根材

金属系サイディング材やトタンなどは、金属でできた外装材であり鉄部に該当しますので、雨水によるサビを防ぐために表面を塗装で保護しておかなければなりません。

 

金属系サイディングの中でも、「ガルバリウム鋼板」は表面が強力な亜鉛メッキ層でできており、亜鉛の防食機能によって錆びが補修されるため外壁材、屋根材としてとても有名です。

ただし、工場でしっかりとメッキが施されているからこそ錆びないのであり、傷つけてしまった場合などは錆びる場合もあるため、傷つけたりしないよう十分に注意する必要があります。

●エクステリアの設備

  • 門扉
  • ポスト
  • フェンス
  • 屋外階段
  • 雨戸
  • 雨どいの固定部材
  • シャッター

エクステリアには、様々な鉄製部材が存在し、これらのエクステリア部材が錆びてしまうと、家の外観は一気に古ぼけた見た目になってしまいますので、外壁塗装の工事を行う際に、合わせて錆び止めや塗替えを済ませておきましょう。

2.屋根の鉄部

屋根は、建物の中でも雨水の影響を直に受ける箇所ですので、金属の使用割合は、特に意識し、錆びを防ぐ必要があります。

●金属系の屋根材

外壁の際に少し触れたトタンやガルバリウム鋼板の他にも、銅で作られた銅板の屋根材や瓦棒、金属でできた金属瓦など、屋根材には非常にたくさんの金属製部材が存在します。

 

先述の通り、屋根は雨が最も当たる箇所ですので、屋根材そのものを錆びにくくするだけでなく、屋根に雨水が溜まりにくくする工法も開発されていますが、金属系の屋根材にとって錆びが耐久性の天敵であることに変わりはなく、定期的な錆びの点検や防錆塗装、劣化した際は表面の塗膜の塗替えが必要です。

点検を怠って、錆びが全面に広がってしまった金属屋根は、手作業による錆び落としや表面の塗装では修繕が追い付かず、屋根材そのものを葺き替えなくてはなりません。

 

金属系の屋根材の中でも、ステンレス製の屋根材は錆びが生じない種類として有名ですが、ステンレスそれ自体は錆びなくても、金属製の雨どいや接続金具からもらい錆びが生じ、赤茶色に変色するケースもあります。

ステンレス屋根にしたからといって、屋根のメンテナンスがなくなるわけではありません。

●屋根周辺に使われている金属製部材

屋根材本体だけでなく、屋根材の周辺にも錆びが生じる金属製の部材が家のあちこちで使われており、その例を以下に挙げます。

  • 雨どい
  • 破風板
  • 鼻隠し
  • 庇、軒
  • その他付帯部(化粧胴差、水切り、ベランダの笠木など)
  • 太陽光発電設備の架台

単独の鉄部で生じた錆びが、隣接する鉄部に広がっていくケースは非常に多く、耐久性の高いガルバリウム鋼板やステンレス屋根で起きる錆びのほとんどは、他の鉄部からのもらい錆びによるものです。

屋根に使われている鉄部をしっかり把握し、さびの広がりを防ぐためにも、専門家の目視による点検を、約5年に1度は行うとよいでしょう。

 

錆び止め塗料には、
  • 亜鉛やシアナミド鉛を錆び止め顔料として含有しているタイプ
  • 鉛を使わず変性樹脂で作られているタイプ
  • 錆びの上から直接塗って使う錆固めタイプ

などが登場していますが、住宅の外壁・屋根の錆び止めで主に使われているのは、「油性タイプ」と「エポキシ樹脂タイプ」の2種類です。

他にも、ウレタン樹脂タイプやエッチングプライマーなどの種類が存在し、建物の種類や錆びの進行度に応じて使い分けられています。

●油性タイプの錆び止め塗装について

油性タイプは、施工費用が安価で、乾燥すると丈夫な塗膜を形成しますが、エポキシ樹脂タイプに比べると、錆びの抑止力はあまり高くありません。

そのため、油性タイプは、錆びの発生がそれほど多くなく、ケレン作業でほとんど落ちてしまうような時に適しています。

●エポキシ樹脂タイプの錆び止め塗装について

エポキシ樹脂タイプの錆び止め塗料には、1液型と2液型、水性タイプなどの種類があり、塗装する鉄部に応じて選び分けます。

 

エポキシ樹脂タイプの方が油性タイプよりも錆びには強く、素地への密着力も高いというメリットがありますが、エポキシ樹脂タイプは耐候性という紫外線や雨水、温度変化といった屋外の環境条件に耐える力が低いため、単体では外壁や屋根を保護する力はありません。

そのため、錆止塗料塗布だけでは鉄部の保護にはならず、必ず仕上げ塗料を使った上塗りが必要です。

 

○●厚木市の外壁塗装・屋根塗装の亜久里工業にお任せください!!

亜久里工業は塗装専門のショールーム有り!!

厚木市で最大の外壁塗装・屋根塗装専門のショールームを完備しております。触って、見て、体感して頂けるのは亜久里工業だけ!!

是非お気軽にご来店、お問い合わせください!!ご来店予約はこちらから

 

亜久里工業は現場調査・お見積もり・ご相談・カラーシュミレーションは全て無料!!

亜久里工業はお客様のお悩み、ご相談を迅速に対応させて頂いております。

また、調査費用などは全て無料でやらせて頂いております。まずが一度ご連絡をお待ちしております!現場調査のお問い合わせはこちらから

 

亜久里工業の塗装メニューはこちら!!

塗料の性能や価格をご覧になりたい方はこちら!!値段相応の対応とサービス、技術をご提供いたしております。これが年間塗装面積100万㎡を誇る塗装会社の実力です!!

 

亜久里工業の施工事例はこちら!!

お客様のお家の雰囲気に似た施工事例がございましたら参考になると思います。ブログとも併せて是非ご覧になってください。

 

亜久里工業はここがちがう!!

大手ゼネコン様、大型テーマパークなどの、管理の厳しいところで育った職人たちの施工は日本一!!腕自慢の職人たちがお客様のお家を施塗り替えます。施工前の調査、施工時、施工完了としっかりお写真をお撮りして工事工程のご説明などもいたします!! まずはお問い合わせください!!

 

厚木市の外壁塗装・屋根塗装専門店 株式会社亜久里工業

フリーダイヤル:0120-900-596

厚木ショールーム本店:神奈川県厚木市金田327-6金田ウェルズD区画

お電話、メールでのお問い合わせお待ちしております。

 

 

 


厚木市の

外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店

株式会社亜久里工業

https://aguri-kougyou.co.jp/
住所:神奈川県厚木市金田327-6金田ウェルズD区画

お問い合わせ窓口:0120-900-596
(10:00~18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:神奈川県厚木市、相模原市、秦野市、愛甲郡、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://aguri-kougyou.co.jp/case/
お客様の声 https://aguri-kougyou.co.jp/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://aguri-kougyou.co.jp/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://aguri-kougyou.co.jp/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級塗装技能士
  • 職長
  • 安全衛生責任者
  • 有機溶剤
  • 外壁診断士
  • カラーコーディネーター
  • ゴンドラ
  • 足場作業主任者
  • 一級鳶技能士
  • 玉掛け
  • 石綿特別教育
  • 他、多数