パミール屋根|厚木市の外壁塗装・屋根塗装専門店の亜久里工業

2020年2月13日更新

みなさんこんにちは

厚木市の外壁塗装・屋根塗装専門店の亜久里工業

です。

今日はパミール屋根についてお話ししたいと思います。

 

このような屋根、見たことありますか?

パミール

 

ミルフィーユ状に剥がれて崩れている屋根を・・・

 

築7 年程度で表面が剥がれはじめ、十数年程度でボロボロに崩れだしてしまいます。

そのようなケースが多数報告されているのがニチハ株式会社が製造・販売していたパミールという屋根材です。アスベスト規制が入ってそれに替わる屋根材として出された物です。

パミールは一般的にスレート(化粧スレート・カラーベスト・コロニアル)と呼ばれる屋根材で、1996 ~ 2008 年まで販売されていました。

2018 年現在、発売当初に新築を購入した際に屋根をパミールにした方で既に20 年、販売終了間際にお家を建てた方でも10 年経過しているとことになります。

このような問題を抱えている屋根材は今後、どのようなメンテナンスを行っていけばよいのでしょうか。スレートは現在、最も普及している屋根材で、パミール以外の一般的ものはだいたい20 ~ 25 年以上の耐久性があると言われています。

パミールのメンテナンスは一般的なスレートと分けて考えなくてはなりません。

パミール屋根に塗装出来るのか??

結論から言いますと、出来ません!!

普通のスレート(カラーベスト・コロニアル)屋根の場合、屋根塗装によるメンテナンスで寿命を延ばすことができます。

しかし、パミールの場合は不可能です。
塗り替えを行っても、塗膜ではなく屋根材自体が剥離してきますので、メンテナンスにはならないのです。

 

施工は屋根の葺き替え!!

パミール以外のスレート屋根の場合、屋根塗装を行った場合、次のメンテナンス時期は約10 年後です。
その時のメンテナンスでは屋根塗装か屋根カバー工法か屋根葺き替えの選択になります。

費用対効果を考えれば、屋根葺き替えよりも屋根カバー工法ということになるのですが、パミールはここで屋根葺き替えも意外とリーズナブルになるのです。

パミールはノンアスベストの材料なので、同じスレート屋根でもアスベスト入りの屋根材では高くなってしまう解体・処理費ですが、パミールではそこまでかからないのです。

 

さて、色々言ってきましたけど、本当にこの材料はやっかいです。

塗装出来ないので、お客さんが考えていた予算よりも遙かにオーバーしてしまいます。

塗装でも良いじゃん?とやってしまったら最後、泣きを見るのはあなたです。

必ず言い業者に見てもらい、屋根の材料を見てもらいましょう。

 


厚木市の

外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店

株式会社亜久里工業

https://aguri-kougyou.co.jp/
住所:神奈川県厚木市金田327-6金田ウェルズD区画

お問い合わせ窓口:0120-900-596
(10:00~18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:神奈川県厚木市、相模原市、秦野市、愛甲郡、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://aguri-kougyou.co.jp/case/
お客様の声 https://aguri-kougyou.co.jp/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://aguri-kougyou.co.jp/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://aguri-kougyou.co.jp/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級塗装技能士
  • 職長
  • 安全衛生責任者
  • 有機溶剤
  • 外壁診断士
  • カラーコーディネーター
  • ゴンドラ
  • 足場作業主任者
  • 一級鳶技能士
  • 玉掛け
  • 石綿特別教育
  • 他、多数